スポンサードリンク

LTマルイカ釣り 2012年5月4・13日

人気のマルイカ釣りにゴールデンウィーク真っ只中釣行。前日トップ50杯の釣果が出た浦安の船宿吉久より出船。前日の釣果を聞いてかちょっと混雑気味。浦安から釣り場の久里浜沖まで1時間半かけて移動。
暖かくなり浅場で釣れているため、道糸PE1号ならオモリ40号のライトタックルで可。(PE2号はオモリ50号)電動リールもいらないし、クーラーも小型のでOKだし荷物が少ないので楽ですね。同じイカ釣りでもスルメイカやヤリイカとは荷物の量が全然違う!さらにマルイカは甘みがあり、イカの中で一番好きです。
2012-05-04-01.JPG
そして釣り場に到着後、なかなか反応が見つからないらしくクルージング状態が長く続きます。昨日とは一変してしまったのか?嫌な予感が漂っています・・・
ようやく投入合図が出て投入しても空振り、長いクルージング、投入・空振りの連続。時間だけがむなしく過ぎて行きます。
あまりにも反応が無いため、南に大きく移動。浮島の目の前に来て2投目でようやくご対面。
2012-05-04-02.JPG
その後も流し変えるたび数名に乗る状態になりましたが、長くは続かず。再度久里浜沖に戻りましたが乗りはなし。あえなくタイムオーバー。かろうじてオデコは逃れたものの小型マルイカ1杯惨敗。

そして翌週リベンジ。またまた悪い日にあたってしまい惨敗。先週に引き続き1杯で終了。2週間かけて収穫はマルイカ2杯のみとは・・・
ちなみにこの日は18名で船中たったの16杯。0〜3杯でほとんどの人がオデコもしくは1杯でした。
2012-05-13-01.JPG
運が悪いことに2週とも前日は好調、釣行日は不調、翌日は復調ってパターンでした。
昨年はマルイカ不漁のため一回も行かず、今年は2回行って2回とも撃沈。日によってはかなり爆釣の日もありますが、いくらなんでもムラが激しすぎます!!なかなか良い日に当たらないので今年はもういいかな。


スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲