スポンサードリンク

オニカサゴ釣り 2011年1月3日

新春初釣りは「羽田かみや」よりオニカサゴ釣りで出船。午前7時出船し、釣り場まで1時間半ほどの行程。

東京湾船釣り
新春の富士山が拝めました。

剣崎沖?水深100メートルのポイントで開始となりました。
鬼カサゴ乗合い初日の前日には44センチの大鬼が釣れたらしく、夢の40センチオーバーを期待してしまいます。
支給されたサバの切り身を2本針に付けて投入。
海底は急なかけ上がり・かけ下がりで、マメにタナを取り直さないと気づいた時には仕掛けが底から5メートル以上も上を漂っているなんてこともあるので注意が必要です。
エサ取りの仕業か、頻繁に小さなアタリはありますが針掛かりはしません。
1度微妙な引きがあったので巻いてみると超小型のオニカサゴで即リリース。
船中ポツポツとキープサイズのオニカサゴが釣れだすと、ようやく自分にも本命らしきアタリが到来。それほど引きが強くないので大鬼でないようですが、やっぱり本命の引きはクセになります。
鬼カサゴは水圧の変化に強いので水面まで引くのでたまりません!
100メートルの海底から上がって来たのは26センチほどのオニカサゴでなんとかオデコ脱出。

オニカサゴ

気がつけば後ろのほうで前日の44センチを2センチ上回る本日最大の46センチの大鬼が釣れてました。さすがこのサイズとなると貫禄があります。
話によるとオニカサゴは大型になるまで20年以上かかるとか。東京湾でもこのサイズが釣れるので侮れません。

その後、ポイント移動のため巻き上げ中になにやらヒット。
上がってきたのは沖メバルでした。

沖メバル

結局、沖あがりまで何も釣れず終了。新年初釣りでなんとかオデコは逃れました。
船中釣果は16名でオニカサゴ 23〜46cm 0〜4尾(船中27尾)でした。
帰港後、新春恒例のお年玉イベント抽選会があり、何等だったか生ラーメンを頂いて帰りました。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲