スポンサードリンク

夜アナゴ釣り 2010年5月15日

東京湾の夜アナゴ釣りは数年ぶりに好調と聞き、羽田かみやより釣行。好調を聞きつけてたくさんの釣り人が集まり3艘出しの大盛況。午後6時出船。ポイントの木更津沖まで30分ほど。
釣り場にはすでに僚船が集結しています。水深15メートルほどのポイントでアンカーを降ろし釣り開始。
東京湾アナゴ釣り釣り場釣鐘型のオモリに1本針、オモリの上にはケミホタルを装着したごくシンプルな仕掛けにアオイソメを縫い刺しにして投入。
糸ふけを取り、小突き始めたとたん早速ゴツゴツッとしたアナゴ特有のアタリ、あまりの早さに驚きながら大きく合わせるとなかなかの良型アナゴです。
木更津沖夜アナゴ今シーズンの夜アナゴは好調と聞いていたので、もしや今日は入れ食いかと思ったのも束の間、その後しばらくアタリすら無し。
釣る人はポツポツ釣っているようですが、とても好調とはいえない状況。
船長が何度かポイントを移動し、そのたびに何とか1本〜2本釣れましたがまったく勢いが無く、時間だけが無情に過ぎていきます。
5本ほど釣った頃、船長が釣れたアナゴを捌き始め、その最中に2本追加して計7本でタイムアップ。
東京湾の穴子羽田かみやでは貧果の人にはあらかじめストックしてあるアナゴから7本までくれるシステムですが、なんとか自力でノルマの7本釣れたものの、まったく納得のいく釣れかたではありませんでした。
おまけに手のひらがチクチク痛い!
毎年、東京湾夜アナゴ釣りはシーズン中数回は釣行しますが、毎回終わった後で必ず手のひらが数日痛くなります。
ずっとアカクラゲの触手のせいだと思っていましたが、今夜は1回だけ触手が少し仕掛けに掛かっていただけなので、どうやらアナゴの表面のヌメリのしわざだったようです。
東京湾の夏の風物詩、釣って良し、食べて良しの夜アナゴ釣りはそれが無ければ最高なのですが。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲