スポンサードリンク

ヤリイカ・スルメイカ釣り 2010年2月14日

川崎中山丸さんよりヤリイカ・スルメイカ釣りに釣行。
日によりヤリイカ優勢だったりスルメイカ優勢だったり、行ってみなければわからないため、ヤリイカ用の11センチプラヅノ仕掛けとスルメイカ用18センチプラヅノ仕掛け、両イカ対応の14センチの仕掛けの3通りを用意して出発。
とりあえず仕掛けは無難な14センチのプラヅノ7本ブランコ仕掛けをセットして午前7時出船。釣り場の洲ノ崎沖まで極寒の中、1時間半かけて到着。
第一投目からほとんどの人に乗り、自分も落下途中で仕掛けが止められ中型のスルメイカ1杯確保。幸先よい滑り出し。
2投目も同じサイズのスルメイカが釣れ、今日は好調かと思われましたがそれ以降パッタリと止まってしまい、たまに誰かがポツポツ釣りあげる程度になってしまいました。
仕掛けを投入・船中数名が掛ける・移動の繰り返し。反応を探して走り回る時間もどんどん長くなり、やっと仕掛けを投入できても釣れるのは先着1〜2名のみという状況。
水深が200メートル前後と深いため、せっかく乗ったイカも巻き上げ途中にバレてしまうことも結構あり、なかなか桶にイカがたまっていきません。
さすがに200メートルの深さだと上がってくるまでにかなり時間がかかります。幸い今日はほとんど鯖の邪魔が入らなかっただけよかったですが。
終了間際に好反応が見つかったのか、一気に船団が形成されましたがみんな思ったほど乗らず、自分は中型ヤリイカ1杯追加したのみで午後2時半にあえなく納竿。結果はヤリイカ2杯にスルメイカ3杯の合計5杯という貧果で終了。
朝釣れたスルメイカ2杯は沖干しに、取って置いたそのイカのワタを使った肝醤油でヤリイカの刺身を、残りのスルメイカはワタ煮にしておいしくいただきました。さすが新鮮なスルメイカのワタはまったく生臭さが無く、お酒との相性も抜群でまさに珍味でした。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲