スポンサードリンク

スミイカ エギング 2009年10月17日

東京湾のスミイカが開幕以来好調が続いていると聞き、川崎つり幸本家さんより釣行。
午前7時満員の釣り客を乗せ出船。
東京湾のスミイカ釣りはエギングまたはシャコ餌のテンヤ釣りの2通りの釣り方で楽しめる釣り物で、釣り船店によってどちらか片方のみ場合と、どちらでも可の場合があります。
スミイカ釣り場

つり幸さんのスミイカ船に乗るのは初めてなのでわかりませんが、周りを見渡す限り全員エギングの様子。出船から40分ほどで木更津沖に到着。水深約15メートルほど。
スミイカ釣りは実績のある餌木(エギ)デュエル:プレミアムアオリーQ 2.5号:マーブルサクラダイ(マーブルテープ)
をセットして投入。早速ちらほらスミイカがあがっているようですが、自分にはさわりもない状態です。
順調な人は4杯ほど釣ったころようやく自分にもHIT!
やや小型のスミイカですが久しぶりのご対面。ズシッとくる手応えがたまりません。
潮先側の人は入れ乗りに近い状態で順調ですが、こちら側はポツリポツリ程度とちょっと寂しい釣れっぷり。
こまめにポイントを移動し、どの場所でも誰かしらに乗るようなので、今年はスミイカがかなり多いのでしょう。
久しぶりのエギングで今一コツがつかめぬままいた所、納竿間際に立て続けにHIT!
これからという所でタイムオーバー。釣果は小型〜中型を7杯。食べるにはちょうど良い量ですが、釣るには物足りない数でした。
スミイカエギング

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲