スポンサードリンク

東京湾スミイカ エギングの釣り方

スミイカはアオリイカと違い海底を泳いでいるため、餌木(エギ)が海底付近にくるように心がけることが重要です。
仕掛けを投入し、中オモリが着底したらハリスの長さ分巻き上げた所でアタリを待ちます。潮が速い時はエギが浮いてしまうためタナを低めにすることもありますが、基本は海底スレスレです。
深くなったり浅くなったり水深が変化するので、まめに底を取り直して常に海底付近にエギが来るようにしていればとりあえず大丈夫です。
PEラインの1メートルごとのマーカーを頼りにするか、もしくはリ−ルが1回転で何cm巻くのかを計算してタナを合わせればエギが海底付近にピッタリくると思います。
タナを合わせてジッと待っているだけでも釣れますが、シャクリを入れた方が釣れる場合もあるので、その場合は20秒に1回くらいの間隔で鋭くシャクリます。
竿先がジワーっと重くなったらスミイカが乗った合図。竿を大きく立てて合わせ、糸を緩めないように注意して巻き上げ、中オモリが竿先まで来たらハリスを掴みロッドを置いて、まずエギをつかみます。
エギを先につかまずにいきなりスミイカをつかもうとすると、イカがクルクル回転して墨をまき散らすことがあるので必ず先にエギをつかむ事。
そのときにスミイカの墨の被害を避けるため、スミイカの口を海の方に向けて(お腹の白い側を海の方に、背中側を自分の方に向ける)スミイカの目の上(足と甲の境目)をつかみ、針を外します。
刺激を与えると強烈な墨をまき散らすので、なるべく静かにバケツに入れましょう。バケツに海水が入っているといつまでも墨を吐くので、水は入れないほうが安全です。
注意していても船内に墨を吐かれてしまうこともあるので、その場合は船にあるデッキブラシなどで掃除をするのがマナーです。
万が一、隣の人に墨がかかってしまった場合は丁重に謝り、自分がかけられた場合は決して怒らないようにしましょう。
洋服に付いてしまった墨はまず落ちないので、スミイカ釣りにはそれなりの格好で臨むのが賢明でしょう。

スポンサードリンク

【東京湾のスミイカ釣り】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲