スポンサードリンク

東京湾のスミイカ エギング タックル


餌木(エギ)で釣るスミイカのロッド

和製ルアー餌木(エギ)で狙う東京湾のスミイカ釣りに適したロッドは、シロギス竿・シーバスやタチウオ用ジギングロッド・アナゴ竿・東京湾用フグ竿・ライトゲーム用ロッドなど穂先の敏感なロッドが向く。アオリイカのエギングと違い、スミイカの場合は常時シャクリを繰り返すわけではないのでオモリ負荷15号前後の穂先から胴にかけてしなやかに曲がるロッドであればOK。
そのなかでも一押しのロッドはダイワ A-トリガー ライトフグ175
10号ほどの軽いオモリを使う東京湾カットウフグ釣り専用ロッドだに穂先が非常に繊細で、僅かなスミイカの乗りも手に取るように分かります。

スミイカ エギングのリール

小型両軸リールが最適ですが、小型のスピニングリールでも可。
リールは軽量なもののほうが疲れないのでおススメです。
たとえばダイワ エアド レッドチューン 100Rや、
 シマノ(SHIMANO) バイオクラフト クイックファイヤー XH(BIOCRAFT Quickfire XH) 300XH
などが最適です。巻いておく道糸はPEライン0.6から1号まで。シーズン初期は水深は15メートルほどなので100メートル巻いてあれば大丈夫です。PEラインの先にはリーダーとしてフロロカーボン4〜5号を1〜1.5メートル結んでおく。

エギで釣るスミイカの仕掛け

スミイカエギング

上図のようにリーダーの先に中オモリ10〜15号を結び、その先にハリス フロロカーボン3〜4号を1.5〜2メートル、さらに餌木(エギ)を結びます。
ただし、船によってはオモリ号数やハリスの長さを指定される場合があるので、船長に聞いて見ましょう。
スミイカエギングに適したエギは2.5または3号とアオリイカに比べてワンランク小さい物のほうが断然乗りが良い。
特にデュエル:プレミアムアオリーQ 2.5号ゴールドサクラダイや、デュエル:プレミアムアオリーQ 2.5号マーブルサクラダイが実績が高くおススメ。また、潮の澄んだ日には青系のエギがいい場合もあるので各色揃えておけば万全です。

スミイカエギング

上写真が中オモリとエギ。オレンジのエギが2.5号、ピンクのエギが3号です。

スポンサードリンク

【東京湾のスミイカ釣り】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲