スポンサードリンク

ヤリイカ・スルメイカ釣り 2009年4月29日

東京湾口のヤリイカ釣りは、最盛期よりは釣果が落ちたものの、まだなんとかいけそうな雰囲気なので、今シーズンラストであろうヤリイカ釣りに行ってきました。
午前7時に川崎中山丸さんより出船、1時間半で釣り場の洲ノ崎沖に到着。天気に恵まれ、暑くもなく寒くもなく絶好のコンディションです。あとはイカが釣れるのを祈るだけです。
先に到着してた他船を見ると反応が見つからず辺りを旋回している様子。いやな予感が・・・
本船も反応を探してグルグル、ようやく反応を見つけ、仕掛けを投入。が、潮がめちゃくちゃ速く道糸が真横に流されてしまいます。この状態ではオマツリは避けられない様子。
1投目は空振り。2投目はオマツリ。3投目でようやく本命のヤリイカが乗ってきました。単発ながら一安心。(下写真)
 東京湾ヤリイカ釣り

潮が速すぎて1流し1投しかできず、数がまとまらなそう。おまけにイカの逃げ足が不規則で早いようです。
何度か鯖の邪魔が入りましたが、単発ながらスルメイカ確保。とりあえずヤリイカでもスルメイカでも歓迎です。スルメイカは早速捌いて船上干しに、取り出したワタは大事にクーラーに仕舞い、今晩ヤリイカの刺身に混ぜて食べる予定。鮮度が決め手のイカのワタ料理、これぞまさに釣り人の特権ですね。(^o^)

 東京湾スルメイカ

相変わらず潮が速く、乗ったイカがオマツリでばれることもしばしばの状況ながら、ヤリイカとスルメイカを単発で数杯ゲット。スルメイカは中型オンリーですが、ヤリイカは中型〜大型で数杯でもお土産になるサイズです。
その後、何度もポイント移動を繰り返していると、着底後すぐにずっしりとした重みが伝わり、巻き上げ中にさらに追い乗りをしてどんどん重みが増してきました。いくら電動リールとはいえ、水深180メートルからの巻き上げは遠い道のりです。
スルメイカが2、3杯掛かっているのかと思いきや、あがってきたのはヤリイカ。それも4点掛け。寂しかった樽の中が一気に賑やかになりました。(下写真)

 ヤリイカ釣り

時間が経つにつれ空振りの連続になってしまい、ポイントを剣崎沖に大きく移動。気がつけば朝いた僚船もいつの間にかどこかに散ってしまった様子。
剣崎沖に移動後、2投目に中型スルメイカが一杯釣れましたが、たいして盛り上がることなく終了。最後に釣れたスルメイカ以外はすべて捌いて沖干しにしました。(下写真)

 スルメイカ沖干し

釣果はヤリイカ・スルメイカ各6杯づつの合計12杯。船中釣果が1〜14杯なので満足の結果でした。ちなみに他船はほとんどトップ10杯ほどとさらに厳しいようでした。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲