スポンサードリンク

ヤリイカ・スルメイカ釣り 2009年5月16日

またまた東京湾口洲ノ崎沖のヤリイカ・スルメイカ釣りに釣行。
前回は潮が速く、イカの乗りもイマイチだったので今回に期待します。
例年ならば今頃この地域のヤリイカ釣りはとっくに終了し、マルイカやムギイカ釣りに変更になっているはずですが、どういうわけかまだヤリイカが順調に釣れていて、あなおかつ大型ばかりなので数杯釣れればおみやげになります。
この好調な状態がいつまで続くかわかりませんが、今年はマルイカが不調でムギイカもまだ釣れ始めていないので時季外れのヤリイカ釣りは好都合。
前回同様「川崎中山丸」さんより出船。1時間ちょっと走った剣崎沖で様子を見ますが空振り。洲ノ崎沖へ移動。到着後、一投目からイカが乗った人もいますが自分は空振り。
3投目でようやく本命ヤリイカとご対面。胴長30センチほどの良型1点掛け。
前回と違い今日は潮があまり速くないので、1流しで2〜3投はできます。2点掛け・3点掛けもありポツポツ釣れて、午前中で15杯ほど確保。
ヤリイカ釣り終盤の特徴か、浮き気味の反応が多く、うまく落とし込みで乗せられる人は絶好調のようですが、どうも自分はイマイチうまく乗せられず、午後から5杯追加して計20杯釣ったところで納竿。
前回はヤリイカ・スルメイカ半分半分の釣果でしたが、今日はスルメイカは1杯のみ。
釣れたヤリイカは19杯中18杯が大型のオス。小型のメスは1杯だけでした。
(下写真がオスのヤリイカ)

ヤリイカ刺身

家に帰って早速取れたてのイカ刺しで晩酌。1杯釣れたスルメイカの肝をペースト状にし、醤油を混ぜあわせて作った肝醤油につけて食べました。
せっかくなのでヤリイカとスルメイカの刺身の味比べをしましたが、やはり甘みの強いヤリイカのほうがおいしいですね。
(下の写真手前がヤリイカ刺し、左奥がスルメイカ。小皿の中の肝醤油に付けて食べました)
ヤリイカ釣り

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲