スポンサードリンク

ヤリイカ釣り 2009年3月7日

今年初釣りで良い思いをしたヤリイカ釣りに再度釣行。
前回は長井漆山港「光三丸」より出船しましたが、今回は東京湾奥川崎「中山丸」より出船。中山丸は予約制のため前日に予約を入れると今のところ5名ほどしか予約が無いとのこと。ヤリイカ釣りは水深が深くオマツリが避けられない釣りゆえ、混雑具合により釣果に差が出るので空いていれば好都合。
しかし、当日出船時間の1時間ほど前に桟橋に着くとすでに8名ほどの先客が。結局片舷6名、総勢12〜13名で午前7時出船。
およそ1時間半かけて東京湾口洲ノ崎沖に到着。風が強く、うねりもありますが、じきに凪る予報。
ヤリイカ釣りポイント

今回のヤリイカ釣りの仕掛けは、去年ヤマシタから発売されたデュエット針DSとダイワ精工から新発売のMDスティックに昔からあるカラフル針・ピカピカ針・ミラクル針など+ウキスッテを織り交ぜた7本ヅノの手作りブランコ仕掛けです。新製品のプラヅノを試してみます。

ヤリイカ釣りの釣り場到着後まもなく投入の合図。船長のアナウンスでは中層に反応が出ているらしく、落とし込みで乗せるのがいいようです。
仕掛けがタナに到着後、スプールに指をあてブレーキをかけながら落としていくと早速ヒット。うねりがあるのでバラシに心配しながら電動リール中速で慎重に巻き上げると大型・中型ヤリイカの一荷(下写真)。好スタートです。

東京湾口ヤリイカ釣り

流し変えて続く2投目も落とし込みで乗り、今度は小型ヤリイカとスルメイカのダブル。その後徐々に乗りが悪くなり、朝一の勢いが無くなってしまいました。
水深150メートル前後の中層に20〜30メートルのいい反応があるようですが、乗りがイマイチ。下から誘うよりも落とし込みが圧倒的に有利な状況なので、数十メートル空巻き・再度落とし込みを繰り返しますが、たまに単発で乗る程度。
昼頃から風も弱く、凪になり、乗りも分かりやすくなったのですがヤリイカの活性は相変わらずです。このまま終了かと思っているとラスト1時間で朝一並の高活性に突入。2杯・3杯掛けもあり、なんとかお土産は確保できました。

洲ノ崎沖ヤリイカ釣り

釣果はヤリイカ17杯、スルメイカ1杯の合計18杯で納竿。
船中釣果は20-42 cm 8-36 杯なので竿頭の方のちょうど半分。どういうわけか今日は7センチの浮きスッテには1杯も乗らず、すべて11センチプラヅノでした。新製品のプラヅノも乗るには乗りましたが、今日はカラフル針のケイムラに乗ることが圧倒的に多かった1日でした。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲