スポンサードリンク

ショウサイフグ釣り 2009年2月7日

近年人気の東京湾のショウサイフグ釣りに行ってきました。
ショウサイフグ釣りの人気の理由は、カワハギ並もしくはそれ以上の繊細なアタリと、鍋に良し刺身に良しというアフターフィッシングの魅力でしょうか。おまけに釣ったフグは船宿で捌いてくれるので家に帰った後が楽ですし。
東京湾でフグ釣りの看板を掲げている船宿は、有名な金沢八景野毛屋の他にも、浦安吉野屋や吉久などありますが、今回は羽田の「えさ政釣船店」さんより出船。
事前にネットでフグ釣りをしている各船宿の釣果情報を調べてみると、深場の喰わせの仕掛けではなくこの時期にしては異例の浅場のカットウ仕掛けの様子。カットウの方が個人的には好きなので好都合でした。

ショウサイフグ仕掛け
今回はあいにくカットウ仕掛けを持っていなかったので船宿で購入。オモリ10号のカットウ仕掛けの上に2本針の喰わせ仕掛けをセットする東京湾スタイルの仕掛けです。
午前7時20分出船。1時間ほどでポイントの大貫沖に到着。早速エサの甘エビをカットウと喰わせの針に付けて釣り開始。

フグ釣りエサ
水深8メートルほどなのですぐに着底。最近イカ釣りが多かったせいか、あっという間のオモリの着底は久しぶりです。
誘いを入れ、ゆっくりと仕掛けを降ろしますがアタリは無し。なにやら竿先に重みを感じたと思ったら上がってきたのは案の定ヒトデ。エサのアマエビは全く無傷なのでフグの活性は悪いようです。
開始から数十分で船中1匹目のショウサイフグがあがり、たま〜にどこかしらで釣れているようですが、こちらは相変わらずエサすらとられない始末(T_T)。さらには根掛かり多発で仕掛けを何組もロス。

東京湾フグ釣り場大貫沖

今日はフグのご機嫌が悪く、エサさえ取られないので甘エビは支給された1パックで1日足りそうです。(-_-)
船長は大貫沖から富津方面に行ったり何度かポイント移動を繰り返しますが、状況は最後まで変わらないまま納竿。まさかのオデコで終了してしまいました。
結果船中0〜4匹でオデコもしくは1匹の人が多数という散々な結果でした。フグ釣りは一年中できる釣り物なのでまたいつかリベンジしたいですね。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲