スポンサードリンク

ヤリイカ釣り 2009年1月2日

新年明けましておめでとうございます。
本年も「初心者のための船釣り情報in東京湾」をよろしくお願いいたします。
さて、2009年初釣りは、イカ釣り遊漁船発祥の地、神奈川県長井の「光三丸」よりヤリイカ釣りに出船。当サイトは「初心者のための船釣り情報in東京湾」ですが、今回は東京湾でなく相模湾より出船です。
初めて利用する船宿なので、長井漆山港には出船1時間半前の5時半に到着し、釣り座を確保。20名ほど集まり、午前7時に2艘での出船となりました。光三丸の船長はテレビ東京「ザ・フィッシング」でたびたびお見かけしていますが、見た目に反し?なかなか親切な船長でした。
向かうポイントは行程約1時間の沖の瀬。晴天と凪に恵まれ、西に富士山、南に伊豆大島が一望できるお正月らしい最高のロケーションでの初釣りになりました。
長井イカ釣り釣り場到着後まもなく開始の合図が出て、一斉に仕掛けが投入されます。水深約180メートル。ヤリイカの反応は海底から10メートル付近。
が・・・仕掛けが海底に到達する前に定番の外道サバに捕まり、本年最初の獲物は残念ながらサバの2点掛け。2投目もサバ。
潮まわりの後、ようやく海底付近で落とし込みで乗り、単発ながら中型ヤリイカをゲット。久しぶりにヤリイカ特有の「クンックンッ」という引きを味わうことができ気分最高!周りの人もサバに邪魔されながらもポツポツとあげている様子です。
とにかくサバが多く仕掛けが止められてしまいますが、ヤリイカの泳層まで仕掛けが到着すればほぼ100%乗る状態で、最高6点掛けも達成し、着実にバケツの中にヤリイカがたまっていきます。
ヤリイカ釣り小型は少なく、ほとんどが中型〜40センチオーバーの大型と型も言うことなし。
7本針の真ん中に入れた赤帽のスッテ(ヤリイカ7)に特に乗りが良く、1杯掛けの時はほぼそのスッテに乗ってきます。40センチクラスのヤリイカともなると1杯でも十分な重量感があり、引きもかなりの物。
時折、ヤリイカの泳層の上でスルメイカが掛かり、ヤリイカ8:スルメイカ2くらいの割合で釣れています。最後までサバは多く(サバの6点掛けも達成)、オマツリ多発・仕掛けグチャグチャで、持参した11センチプラヅノのブランコ仕掛けを6組も消費してしまいましたが、イカも31杯(ヤリイカ27杯・スルメイカ4杯)釣れたので初釣りとしては好スタートで午後2時沖揚がり。
船中釣果は2艘で8〜36杯で、ほとんどの釣り人がヤリイカ・スルメイカ合わせて20杯以上釣っていたようでした。

PS 南房総では100杯オーバーの日もあり好調の様子です。自己新記録更新のチャンスです!早めの釣行をオススメします。


スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲