スポンサードリンク

ルアータチウオ釣り 2008年7月5日

東京湾の夏のタチウオ釣りが開幕。ちょうど1年ぶりのルアータチウオに川崎つり幸本家から出船しました。
夏の開幕直後のタチウオ釣りは、水深数十メートル〜水面という浅ダナで釣れるためルアーが有利。
とはいえ、ライトタックルのエサ釣り(LTタチウオ)も魚との駆け引きが魅力なので、ある程度ルアーで釣れて、なおかつエサにするサバが釣れたら、エサ釣りに切り替えられるよう念のため仕掛けも準備しておきました。
川崎つり幸さんでは今週からルアータチウオ乗合い(午前中のみの半日釣り)が開始して、今日が最初の週末とあって船は満員。あと何名か来れば2艘出しになりそうでしたが、ぎりぎりのところでおしまい。釣れているタナが浅いとはいえオマツリは避けられそうにありません。
午前6時出船。最初のポイントは1時間ほど走った東京湾大貫沖の水深15メートルほどの浅場。60グラムのメタルジグをセットして、海底から水面まで探りますが全く反応なし。
しばらく周辺を攻めノーバイトで金谷沖に移動。海上はベタ凪ですが、モヤがかかっていて視界不良のためゆっくり向かいます。(下写真)

東京湾タチウオ釣り

金谷沖のポイントは超深場の表層で釣れているらしく、指示ダナは30メートルから5メートル位。
ここにきてようやくアタリがきましたが、あがってきたのは残念ながら本命タチウオではなくサバ。周りの人も釣れるのはサバのみ。
そんなこんなで時刻はもうすでに午前9時前。湾奥出船でしかも半日船なので残り時間は2時間くらいか?
このままオデコで終わってしまうのかと思われた9時過ぎにようやく好反応が現れ、周囲の船が一気に集まり船団を形成。
自分のルアーロッドにもガツン!という手ごたえが到来。緩めないよう慎重に巻き上げると、あがってきたのは70センチほどの小型ながら本命のタチウオ。久しぶりに味わうタチウオの引きに感激!
入れ喰いとはいかないものの、適当にアタリもありポツポツ飽きない程度に釣れています。
そして納竿時間のちょっと前から急に活性が高まり、メーターオーバーを含め数本立て続けに釣れ、これからと言うときに後ろ髪を惹かれる思いでタイムアップ。結局ライトタックルのエサ釣りはせずにルアーで1日通し、釣果は65センチ〜105センチを6本で終了。つり幸さんのHPをチェックしてみると、船中0〜6本でなんと竿頭だったようです。
最近人気のジグヘッド&ワームを使っていた人もいましたが、今日はメタルジグのほうが良いようでした。
ちなみに私のヒットルアー(メタルジグ)は「ブランカ タチ魚SP オールダークパープル80グラム」同じく「ゴールドオレンジレッドヘッド」、「ムーンウォーカー ブルー 80グラム」でした。
なかでもやはりタチウオ釣りの定番ルアー ムラサキのメタルジグは効果的絶大でした。

ルアータチウオ釣り

帰宅後、他船の釣果を調べてみると船によってかなりバラツキがあることが判明。
半日釣りというハンデのためか?つり幸さんでは0〜6本。千住大橋の入船さんではスソでも25本!

/////////当日の他船の釣果////////////

新安浦 こうゆう丸 0〜8本   (午前船)
金沢八景 忠彦丸   3〜35本 (午前船)
富津 川崎丸   6〜22本 (午前船)
川崎 中山丸    5〜36本 (1日船)
千住大橋 入船   25〜55本 (1日船)
深川 吉野屋    1〜44本  (1日船)
新山下 渡辺釣船店 7〜82本 (1日船)
金沢八景 弁天屋  3〜35本 (1日船)

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲