スポンサードリンク

「ライトタックルマルイカ釣り」2008年3月8日

東京湾のマルイカ釣りのシーズンが到来。マルイカ釣りは、ブランコ仕掛け・直結仕掛け・直ブラ仕掛け・直結ブラ仕掛けと釣り方も多彩でゲーム性が高く、ここ数年で人気急上昇中の釣り物。 今回は今主流の釣法「直ブラ」で、ロッドはカワハギ竿、リールは小型両軸に道糸PE1号、オモリ40号というライトタックル。 東京湾剣崎沖の水深60メートルで開始。 船中ほとんどの人が電動リールのタックルを使っていましたが、自分は手巻きリール。 60メートルくらいなら手巻きでも何とかなるし、カワハギのタタキ釣りのようにロッドを小刻みに上下するマルイカ直ブラ釣法では、重いタックルは疲れるので。 船が釣り場に到着したのが8時過ぎ。 さすが人気の釣り物だけあって剣崎沖にはたくさんの釣り船が集結していますが、どうも釣れていない様子。 しばらくして船長から投入の合図が出ますが、やっぱり空振りの連続。 ロッドの叩きかたや叩く時間を変化させてもダメ。 ↓晴天にベタ凪と最高のコンディションなんだけど肝心のマルイカが・・・ 東京湾マルイカ
午前11時ようやくピタッとタタキを止めたときにアタリが到来。 慎重に巻き上げますが、あと少しのところで痛恨のバラシ。海面に墨だけ残して潜っていってしまいました。 そして10分後やっと本日1杯目のマルイカGet! マルイカ釣り
ピタッとタタキを止めたときにアタリが到来。グッと合わせます。 さっきのバラシは合わせが弱かったのか、それともタイミングが遅かったのか? その後お昼すぎにかけてポツポツと釣れ、一気に盛り上がるかと思いきや、あっという間に朝と同じ状態に逆戻り。 結局午後からはまったく釣れず、わずか5杯で本日終了。 マルイカ直ブラ
竿頭が7杯だったので5杯釣れればまずまずでしょうか。良型も1杯混じったことだし。 それにしても今日はマルイカのご機嫌悪く渋かった。 これからシーズン本番東京湾のマルイカ釣り。次回はマルイカの機嫌のいい日に当たりたいものです。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲