スポンサードリンク

東京湾のオニカサゴの釣り方


オニカサゴの釣り方

付けエサは10センチ前後のサバなどの切り身を使用します。針にエサをチョン掛けで付けますが、海中で回転しないようなるべく左右中央に装着するようにします。(下の写真の左側を参照)
また、エサと一緒に集魚効果の高い夜行タコベイトを付けるといい場合もあるのでいろいろ試してみましょう。(下の写真右側がタコベイト。これにサバエサも付けます)

オニカサゴのエサ

オニカサゴ釣りの楽しみの一つに「特エサ」があります。特エサとは船宿支給の餌以外に自分で持ち込むエサで、皮が硬くえさ取りに強いサーモン、アナゴ、大型の鬼カサゴに実績のあるイイダコ・など様々なエサを持ち込むベテランもよく目にします。
さらに鬼カサゴ釣りは美味しい外道が釣れるのも魅力で、クロムツ・カンコ(ウッカリカサゴ)・アカムツ・スミヤキなど、水面に上がってくるまで何が釣れたのか分からない楽しみもあります。

えさを付けたらいよいよ投入です。仕掛けの投入はえさから行い、テンビンに仕掛けが絡まないようなるべく離れたところに投入します。オモリが着底したら糸フケを取り、オモリが海底から50センチほど底を切る状態をキープしてアタリを待ちます。
オニカサゴ釣りは急な「かけ上がり」や「かけ下がり」のポイントを攻めることもあるので、マメに底ダチを取らないと仕掛けが海底から10メートルも上に!なんてことになってしまいます。
オニカサゴは釣り方自体は難しくはないのですが、あくまで根魚なのであまりにも海底からエサが離れると絶対に釣れないのでそれだけは必ず注意しましょう。
また、エサが上から落下することが誘いになるので、短いインターバルで底を取り直したほうが確実に釣れます。

アタリが来たら十分喰い込ませてから合わせを入れ、電動リールの中速で魚の動きにあわせて巻き上げます。鬼カサゴは水圧の変化に非常に強く、100メートル以上の海底から水面まで一気に上がってきてもなお暴れるので最後まで油断は禁物。
1匹が貴重な魚なので取り込みは絶対に船長にタモ網ですくってもらましょう。せっかく掛かった魚を逃したら、その後はアタリすら訪れないで結果オデコなんてことよくあります。

オニカサゴの背ビレやエラには鋭い毒のある棘があるので、船内に取り込んだオニカサゴはメゴチバサミなどで挟み、プライヤーを使って棘に注意しながら針を外します。万が一刺されると一日中ズキズキと痛み、とても釣りをしていられるような状態じゃないらしいので慎重に行いましょう。
釣れたオニカサゴの棘は、クーラーに仕舞う前にハサミで切っておくほうが安全でおすすめです。切り落とした棘も危険なので海に捨ててしまいましょう。
こんな危険な魚ですが、食味は大変良く、身は鍋・しゃぶしゃぶ・刺身。胸ビレと尻ビレは乾燥させて軽く火であぶり、ヒレ酒として楽しめるので、ムダの無い魚です。
ヒレ酒はフグより美味しく、市場に出回っていないため、自分で釣らなければ飲めない貴重品です。

オニカサゴのひれ酒

瓶や網に切り取った胸鰭と尾鰭を貼り付けて乾燥させ、火であぶってから熱燗に入れると香ばしい香りがして美味。貴重なヒレ酒を美味しく飲むには、少し焦げるくらいまであぶり、沸騰寸前の超熱燗に入れるのが美味しく飲むコツです。
オニカサゴは釣り方は難しくないので、初心者も積極的に挑戦して貴重な料理を味わってみましょう!!

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲