スポンサードリンク

釣行記 「タチウオ釣り」2008年1月4日

今年初釣りはこのところ好調の東京湾観音崎沖のタチウオ。 前日もデカイ反応あったらしく、どの船も大漁だった様子。 初釣りでオデコはなんだか縁起が悪いので、確実に釣れそうなタチウオに決定。 夏場のタチウオと違い水深80メートル前後を攻めるため、ルアーやライトタックルのエサ釣りはちょっと辛いので100号オモリ・電動リール使用のノーマルタックルにしました。 釣り場の観音崎沖に到着してみると、どうやら今日は反応が小さいらしくヤバイムードが・・・ 仕掛けを投入してみるとアタリはくるけど、ほんと微妙なのばかりです。 それでもどうにか針掛かりさせ、午前中で8本。 サイズは観音崎特有のメーターオーバーからネクタイサイズまで様々。 ↓それにしても東京湾のタチウオ人気は凄まじい。隣の船の釣り人とオマツリするほど密集しています。 東京湾タチウオ釣り
今日はツ抜けできれば御の字かと思っていたところ、お昼を過ぎたあたりから急に活性があがり、しばらく入れ食い状態に突入。 仕掛けを降ろせばアタリは確実に来ます。 しかし、アタリダナが頻繁に変わるためそれに付いていけない人はそれほど釣れていない様子。 アタリは頻繁にくるけど、エサに一気に食らいつくようなことはないので、タチウオとの駆け引きが難しい。 今日は自分の釣り方がたまたまマッチしたのか絶好調。アタリがくればほぼ確実に針掛かりしました。 今日の釣り方は、微妙なアタリがきたらそのまま少しずつ上へ上へと誘い、ロッドが大きく引き込まれたら巻き上げる方法。とにかく辛抱強くゆっくりと誘い上げ、向こう合わせで針掛かりさせる釣り方です。 仕掛けは水中で自然に漂う1本針仕掛けを使用しました。 午後からは面白いように釣れまくり、結局24本ゲットで竿頭。 ↓タチウオ釣りで大漁は久々です。 タチウオ釣り
65p〜118pを24本。 船中平均10本前後だったようなのでダントツトップ。 ダントツビリは何度も経験していますが、ダントツトップは初めてなので気分は最高です。 しかも2008年の初釣り。今年はなんかいいことがありそうな気がしてきました。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲