スポンサードリンク

釣具以外の持ち物

釣具はもちろん必要ですが、それ以外にも船に持ち込む物はたくさんあります。もし釣具を忘れてもレンタルで対応できますが、他のものは貸してもらえない場合もあります。安全に楽しく一日釣りを楽しむため以下の持ち物を準備して乗船しましょう。

船釣り(沖釣り)の持ち物

●クーラーボックス

せっかく釣れた魚を新鮮な状態で家に持ち帰る為には無くてはなりません。また、魚を入れる以外にも飲み物を冷やしておくのに必需品です。キャンプなどアウトドアが趣味の方で、もともと持っているのであれば新たに購入することはありませんが、もし買うなら15リットル〜20リットルクラスのクーラーボックスがちょうど良いでしょう。だんだん船釣りにのめり込んでいき、やがて大物釣りもするようになったら大きなクーラーを買えば良いと思います。また、氷や飲み物も入れるのであまり小さすぎる物は不便です。特に夏場は大量の飲み物を持ち込みます。(釣り船では販売していません)発砲スチロール製の物でも代用可能です。

クーラーボックス

●レインウェア

釣り船に乗ると走行中に水しぶきをかぶることがあります。また、エサや魚のウロコが衣服に付着することもあるので釣り用のウェアまたはレインウェアを着用することをオススメします。
レインウェアはたとえ雨が降っていなくても冬場は防寒の役目を果たしてくれます。また、下にたくさん着込むのである程度ゆとりのあるものが良いでしょう。夏場は半袖・半ズボンでも構いませんが、日焼け対策を入念に。

●長靴

よく釣り船に運動靴で乗船している人を見かけますが、靴が濡れてしまいます。家にある長靴でも大丈夫ですが、真冬は防寒仕様の長靴のほうが一日快適に釣りを楽しめます。最近の釣り船は循環パイプというものが装備されていることが多く、これにより海水を自動的にくみ上げてバケツの中に送り込むため、常に海水が足元に溢れ出ているので足元は冷たいのです。(夏場は滑りにくいサンダルでもいいでしょう)
この循環パイプがあるために常に新鮮な海水をバケツ内で循環させ、帰港時まで釣った魚を生かしておくことが可能になります。また自分で海水をくみ上げる必要も無いので非常に便利です。(下写真)

循環パイプ

●帽子

一日海上で釣りをする上で帽子は必携です!
特に夏場は日差しが強いので忘れないようにしましょう。(釣座によっては一日中陽が当たっています)

女性の方は風で髪が乱れるので冬場も持っていって損はありません。帽子止めを付けておけば風で飛ばされることも無く万全です。もし、帽子が無い場合はバンダナなどでも大丈夫です。

●ハサミ

釣り用ハサミ
釣りにおいてハサミは釣り糸を切ったり、エサを細かく切るために無くてはなりません。左写真のようなワゴンセールの百円のものから何千円もする高級品までピンキリですが、高級なハサミは錆びに強く、船釣り用の釣り糸「PEライン」が良く切れるように出来ています。しかし安いハサミでも何とか切ることは可能なので最初は安い物でもいいと思います。(海水で錆びてしまい長持ちはしませんが・・・)
プライヤー
釣れた魚から針を外す時に役立つのが「プライヤー」です。特に鋭い歯を持つ魚や、口の硬い魚から安全に針を外すことができるのでたいへん重宝します。また、釣れた魚をリリースする際も魚体に触れず(傷付けず)に針を外して海に逃がしてやれるのでタックルボックスに入れておきましょう。

●グローブ

グローブは夏場は特に必要ありませんが冬は手が冷たいのであったほうがいいでしょう。
糸を結んだり、針をはずしたりするので指先がカットされている釣り用のグローブがオススメです。また、針が手に刺さる事故を防ぐ役目もあるのでなるべく使うようにしましょう。

●食べ物・飲み物

釣り船に乗船する祭は必ず食べ物・飲み物を持って行きましょう。
釣りの合間(釣り場移動中など)に手軽に食べられる「おにぎり」、「サンドウィッチ」などを持ってきている人が多いようです。もちろん手作りのお弁当やコンビニ弁当を持ってきても構いません。また、ほとんどの釣り船に電気ポットがあるのでカップラーメンも食べられます。最近は電子レンジを搭載している船も増えているのでコンビニ弁当も温めることが可能です。また、飲み物は多めに持っていき、水分補給しましょう。特に夏場は一日炎天下で釣りをするのですからかなり飲み物を必要とします。しかし、アルコール類はほどほどに。酔って海に落ちたら危険です。

●防水タックルバッグ

釣具店には専用のタックルバッグが売っています。釣具・仕掛け類・食料などを収納して船に持ち込み、釣り座の後ろやキャビンなどに置いておきます。波飛沫が飛んでくるので防水タイプになっていて、使用後は丸洗いも可能です。

防水タックルバッグ

他にもいろいろ便利な道具はたくさんありますがとりあえず必需品はこれくらいでしょう。

※仕掛け類は釣具屋さんで前もって購入しても構いませんが船宿や釣り船でも購入できます。

スポンサードリンク

【釣り船 持ち物】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲