スポンサードリンク

ボートシーバスの釣り方

ボートシーバス ジギングの釣り方

シーバス魚群探知機の反応シーバスを釣り船から釣る釣り方でもっとも一般的なのは、メタルジグを船の下に落下させ、着底後巻き上げる「ジギング」です。遠投の必要がないため釣り方はいたってシンプル。船長の合図が出たらルアーを真下に落とすか軽く前方にキャストして、海底にルアーが着いたらアクションを加えながら巻き上げるだけ(アクションを加えずにただ巻き上げるだけでも釣れる事も多い)。アクションの付け方は例えば、着底後5メートル巻いてクラッチを切り、3メートル落として再度5メートル巻いて3メートル落とすのを繰り返したり、ロッドを軽く上下させながらリールのハンドルを回してタナを通過させたり様々な方法がありますが、初心者は無理にアクションを加えずにタダ巻きに徹したほうが無難かもしれません。
(上の写真は釣り船の魚群探知機に映ったシーバスの反応。水深16メートルの海底付近に反応が出ています。)
アタリがきたらガッチリ合わせを入れ、ロッドを45度の角度に維持したままラインが緩まないように巻きます。水面まで上げたら船長や隣の人にタモ網ですくってもらいます。直前にフックがはずれて、ルアーが顔面めがけて飛んでくることもあるので、帽子とサングラスは必需品です。

ボートシーバス キャスティングの釣り方

シャローエリアにシーバスが集まっている時などはキャスティングで狙います。ルアーをなるべく遠くに投げ(危険防止のためアンダースロー厳守)広範囲を探ります。縦の釣りであるジギングと違い、こちらは横の釣りなのでルアーを遠投する技術が必要になってきます。アクションはタダ巻き、ストップアンドゴーなどいろいろ試してみましょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲