スポンサードリンク

ボートシーバスのタックル(釣具)

釣り船から釣るシーバスルアーフィッシングには2通りのタックルが必要です。
ひとつは、メタルジグと呼ばれる金属製のルアーを船下に落として巻き上げて釣る「ジギング」用のベイトロッドとベイトリール。
もうひとつは、ミノーやバイブレーションなどのルアーをキャストして釣る「キャスティング」用のキャスティングロッドとスピニングリールの組み合わせです。
状況に応じてこの2タックルを使い分けるので釣り船には両方のタックルを持ち込む必要があります。

シーバスジギングのタックル(釣具)

ロッド

6フィート(1.8m)〜6.6フィート(2m)のベイジギングロッドまたはミディアムライトのバスロッド。
グリップエンドが長いものがおススメ。

リール

小型ベイトリール

ライン

PEライン1号にリーダーフロロカーボン20〜30lb(5号程度)を1、5メートルほど結ぶ。(ダブルラインをつくってリーダーをつなぐ)

ルアー

シーバスメタルジグルアーメタルジグ40〜60グラムを使い、フックはアシストフックと呼ばれる段差の2本針をセットする。メタルジグのカラーは、濁り潮や曇天時はピンク・レッドなど派手めの色を、澄み潮や晴天時はブルー・グリーンなどナチュラル系の色を選択するのが基本ですが、各色そろえておき状況に応じてルアーチェンジする。根掛りやラインブレイクなどでルアーをロストすることもあるので予備は多めに用意しておくと良い。(乗合い船の場合、釣り船内でルアーを購入できる場合もあります)

シーバスキャスティングのタックル(釣具)

ロッド

6フィート(1.8m)前後のベイキャスティングロッドまたはミディアムライトのバスロッド。

リール

中型スピニングリール

ライン

ナイロン12lb(約2.5号)

ルアー

シーバスバイブレーション重さ28グラム前後のバイブレーション。名前の通り小刻みに震えながら泳ぎます。各色そろえておき、状況に応じてチェンジする。(写真はバスデイ レンジバイブ90ES 28g)

シーバスルアースピンテール重さ28グラム前後スピンテール。ブレードのフラッシング効果により、集魚効果が期待できます。大型シーバスの実績が高いそうです。(写真はベイトブレス湾ベイト29g)
このほか表層を狙うフローティングミノーやサスペンドミノーも用意しておけば万全。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲