スポンサードリンク

東京湾ライトタックルアジ(LTアジ)の釣具・仕掛け

ライトタックルアジのロッド

ライトタックルアジの楽しさを満喫するには、全長2メートル前後・軽量で、柔軟な穂先としっかりとした胴を兼ね備えたライトゲーム用のロッドがベストです。他にシーバス用ベイジギングロッドやキス竿なども代用可能。

★ライトタックルアジおすすめロッド★

おすすめロッドダイワ(Daiwa) リーディングXA64 190III 1.9m

ライトタックルブームの火付け役となった元祖ライトゲーム専用ロッド。LTアジはもちろん、マルイカ・ライトタックルタチウオ・80号シンカーのライトオニカサゴ・シーバス&タチウオジギングまで、これ1本で幅広く使えます。柔らかいタイプUもあります。

おすすめロッドダイワ リーディングXA 73 205−2

2ピースなので電車・自転車釣行派に最適。穂先が柔軟なためアジの引きをダイレクトに感じられます。よりフィネスな「タイプT」もありますが、ライトアジにはやや柔らかすぎるのと、汎用性に高さでこちらのタイプUの方ががオススメです。

おすすめロッドダイワ アナリスター ライトゲーム 185M

リーディングXAシリーズよりもリーズナブルでオススメ。ライトウイリー・アマダイ・ムラソイ・イシガレイなどにも最適。リーディングXA64&73と同じくこちらもタイプがSとMの2種類ありますが、固めのタイプMの方がコマセを振りやすいのでオススメ。

その他のライトタックルアジおすすめロッドはこちら

ライトアジのリール

カワハギ釣りやメバル釣りに使用する小型両軸リールで大丈夫ですが、なるべく軽量なものが良い。

★ライトタックルアジおすすめリール★

ダイワ スマック 100R
ロッドを握っている手でクラッチのON−OFFとチョイ巻きができるスマック機構搭載の画期的なモデル。カワハギ釣りやメバル釣りにも最適。


ダイワ(Daiwa) エアド 100L
せっかくのライトタックルゲームなのでリールも軽量でないと意味がありません。エアドは自重210gと軽量で、まさにライトゲーム専用のリール。

ライトタックルアジの道糸(ライン)

PEライン1.5号前後に5号程度の先糸を1メートル程結ぶ。
(PEラインは結束力が弱いのでPEラインとテンビンを直に結ぶとコマセを振ったときにすっぽ抜ける事があります)

ダイワ(Daiwa) 棚センサーブライト(R)100P 1.5号がベスト。
ライトタックルとはいえ、微妙なアタリを取る釣りではないので極細PEラインでなくてもOK。また、一日中コマセを振り続けるのである程度丈夫な1.5号くらいがよいでしょう。

ライトタックルアジの仕掛け

ビシ釣りの「ビシ」とはコマセ(まき餌)を入れる、オモリと一体型になったカゴのことを指します。通常のタックルで使用するビシは下写真の右側の大きく重いタイプですが、ライトタックルのビシは左側の小さく軽い物を使い、その重さは1/3以下と女性や子供でも扱いやすくなっています。
ビシの中にはイワシミンチかアミコマセを詰めて使用します。(船宿により異なります)
【下写真の右が従来の130号アンドンビシ、左が30号ライトタックルビシ】

ライトタックルアジ アンドンビシ

東京湾ライトタックルアジ仕掛け腕の長さが20〜30センチのライトゲーム用片テンビンにライトビシ30号〜40号(船宿により使用号数が異なる)を装着し、テンビンの先には口切れ防止用のクッションゴム(1,5ミリ径・20センチ位)を付け、その先に仕掛けをセットします。クッションゴムは必須アイテムではないので無くてもOKです。
このテンビン・ビシ・クッションゴムのセットは船宿で無料貸し出ししている場合も多いので無理にそろえる必要はありません。(無くした場合は千円前後払う)
仕掛けですが、最近は「東京湾ライトタックルアジ専用」の商品も発売されているのでそちらを使用するのが便利です。通常タックル用のビシアジ仕掛けより全長が短く、細いラインで作られているためダイレクトなアジの引きを堪能できます。(ただし大きなサバが掛かると切れることもありますが・・・)

ライトタックルアジ 仕掛け

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲