スポンサードリンク

東京湾のタチウオ釣り

タチウオ


スズキ目タチウオ科。最大150センチ。
群れの移動が早く神出鬼没の幽霊魚とも呼ばれ、針掛かりの難しさ・強烈な引き味・抜群の食味から近年人気急上昇のターゲット。ルアーフィッシングで釣ることもできることから若者にも人気。非常に鋭い歯を持っているため針を口から外す時など注意が必要。ラインを切られる事もよくある。

タチウオ釣り釣り場は砂泥地のカケアガリで、水深は冬場で70〜100メートル前後、夏は30メートル前後。(水面から5メートル位で釣れる事もある)主な釣り場は東京湾の入り口、東京湾口部の下浦沖・観音崎沖・竹岡沖などです。釣れるタチウオのサイズは70〜120センチくらいで、大型はメスが多い。最盛期には大船団が形成されるほどの人気の釣り物です。喰いの良い日には50本以上の釣果に恵まれることもある。

タチウオ船団
冬の東京湾観音崎沖に集結したタチウオ船団

夏の浅いタナで釣れる時期はメタルジグやワームを使うルアーフィッシングが最適で、エサ釣りよりも釣果が良い日も多い。エサ釣りの場合も30号程度の軽いオモリを使うライトタックルが主流。
夏場のタチウオ釣りは超爆釣もめずらしくなく、タックルが軽い分、ダイレクトな引きも楽しめるので初心者にも最適です。冬の深場で釣れるタチウオに比べて小型が多いこともありますが、中にはメーターオーバーの大型も交じります。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲