スポンサードリンク

東京湾ライトタックルアジ(LTアジ)の釣り方

ライトタックルアジ タックル

まずビシ釣りについて簡単に説明します。
ビシ釣りとはコマセを海中のアジのいるタナで撒いてアジを引き寄せ、寄ってきたアジに針に付いたエサを喰わせて釣る方法です。ポイントは船長から指示されるタナを正確に守ることと、コマセの煙幕の中に喰わせエサが漂っているようにすることです。以上のことを守ればお土産確保間違いなしでしょう!
では具体的なライトタックルアジ釣り方の説明に移ります。
まず、船長からバケツに入ったコマセ餌としゃもじが配られるので船ベリの竿を立てる穴にセットしておきます。ビシの中にはしゃもじでコマセを詰め込みますが、あまりギュウギュウに詰めすぎると水中でコマセがバラ撒かれないので8分目位が丁度いいでしょう。
針にはイカ短(イカを赤く染めたもの)や2センチほどにカットしたアオイソメを装着し、仕掛けを海底まで沈めます。このとき振り子の要領で投入すると仕掛けがテンビンに絡みにくくなります。
着底後はビシで数回海底を叩きながら潮で流された分を引き寄せ、道糸がなるべくまっすぐ下にくるように調整し、船長の指示するタナ(底から1メートル位の時が多い)まで2回に分けてコマセを撒きます。
タナの下50センチで1回、指示タナでもう1回と海中にコマセの煙幕ができるようにします。
コマセの振り方は竿を「ビシッビシッ」と鋭く強めに行うのが基本です。アタリが無ければ再度着庭させてコマセワークを行い、それでもアタリが無い時はいったん仕掛けを回収してコマセを詰め直しましょう。
コマセが切れていてはアジは釣れないので常にビシの中にコマセが入っている状態をキープします。アタリはコマセを振った直後に来る時が多く、ライトタックルゆえ明確に分かります。
メバル釣り同様向こうアワセの釣りのため大きなアワセは不要で、針掛りを確認したら軽く竿を立てる程度で十分です。
アジは群れで回遊しているので喰いが立ってきたら効率よく多点掛けを狙いましょう。状況が良ければ1束(100匹)突破も夢ではありません。クーラーボックスには海水と氷を入れておき、釣れたアジを仕舞えば新鮮な状態で持ち帰ることができます。※外道で釣れるサバは頭・尻尾を切り落とし、バケツの中で血抜きをしてからクーラーに入れれば味が格段に違います。

ライトタックルアジ

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲