スポンサードリンク

東京湾のイイダコ釣り

沖釣り イイダコ
八腕目マダコ科。最大30センチ。 産卵期には頭の中にご飯粒のような卵を抱えることから「イイダコ」と呼ばれる。

9月〜11月の東京湾の富津沖・盤洲沖(アクアライン周辺)などと、季節・釣り場の限定される釣り物ですが、海の穏やかな水深わずか3メートルほどの浅場で数釣りができ、潮の澄んでいる日には海底でイイダコがエサのラッキョウに抱きつく様子が見られます。
イイダコ釣りはラッキョウで手軽に釣れることから虫エサの触れない方など初心者にもオススメです。
魚のような引きこそありませんが、イイダコがテンヤに乗った時の何ともいえない微妙な感触はベテラン釣師も虜にする要素があります。
またアフターフィッシングの食味もよく、煮ても茹でても美味。
毎年秋には千葉県の富津でイイダコ釣り大会が開催され、女性や子供が楽しんでいる様子がニュースで流れることで東京湾イイダコ釣りは以外に知られています。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲