スポンサードリンク

東京湾タチウオの釣り方

タチウオのエサタチウオ釣りのエサは船宿により多少異なりますが、左の写真のように短冊状に切ったサバ・サンマ・コノシロなど青魚を使用します。冷凍のエサが支給される場合も多いので、もしも外道でサバが釣れた場合、その場で捌いて使用すれば新鮮なため食いが非常に良い。

エサ釣りタチウオエサの長さは様々なので、短いものは写真のように先端中央部にチョン掛けに、長いものは縫い刺しにします。タチウオは光るエサに反応する魚なのでエサの銀色の部分を下にし、ヒラヒラと海中で漂わせることが重要です。

仕掛けを投入後着底したら船長の指示ダナの下限から上限までを誘い上げ、アタリダナを探ることがポイントとなります。アタリダナが分かれば、次の投入からはそのタナ下5mぐらいから探りを始めると効率良く探れます。
探りの基本動作はシャクリです。竿先を海面まで下げ、そこからスーっと大きく頭上へと持ち上げます。この動作でエサであるサバの切り身を小魚のように踊らせてタチウオを誘います。活性が高めの時は速めの誘いを、逆に活性の低い時はゆっくりめの誘いで待ちを長めに取った方が良いでしょう。アタリがあったら、そのタナで小刻みにシャクリ続けて本アタリを待つパターンと、上にゆっくりと誘い続けていく場合があるのですが、その日の魚の活性により使い分けるましょう。本アタリが来たらしっかりと合わせてハリ掛かりさせることが肝心です。
タチウオの歯は鋭いので針を外すときはプライヤーなどを使いましょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲