スポンサードリンク

東京湾ルアータチウオ

近年急激にファンを増やした東京湾ルアータチウオ(ジギング)。
エサ釣りの経験しかない方でも心配ご無用。釣り方はいたって簡単で、ルアー(メタルジグ)を落としてアクションを加えながら巻き上げるだけ。ルアーフィッシング初心者でもそこそこの釣果を上げられ、軟調タイプのロッドでメーター級のタチウオの強烈な引きを堪能できます。

ルアータチウオの タックル(ジギング)

ロッド

6フィート(1.8M)前後のベイジギングロッドが一番使いやすいが、ミディアムライトのバスロッド(グリップエンドの長いものが疲れにくい)でも代用は可能です。

タチウオジギングおすすめロッド

タチウオジギングおすすめロッドダイワ ソルティスト・エクストリーム ベイジギング スーパーメタルトップSTX-BJ-R 65HB-MT

タチウオジギングおすすめロッドダイワ ソルティスト・エクストリーム ベイジギング STX-BJ 621B

タチウオジギングおすすめロッドダイワインフィート ベイジギング モデル BJ60HB


リール

小型両軸リールに極細PEライン 0.6〜1号にフロロカーボン20〜30ポンド(約5〜7号)を1、5メートルほど結び、さらにその先にフロロカーボン40〜50ポンド(約12〜14号)を結んでタチウオの鋭い歯で切られないようにしておきます。

タチウオジギングおすすめリール

タチウオジギングおすすめリール【送料・代引き手数料無料】ダイワ ミリオネア ベイエリアスペシャル 100

タチウオジギングおすすめリールダイワ ジリオン PEスペシャル 100H

タチウオジギングおすすめリールダイワ(Daiwa) ベイヤード 150L


ルアー

ルアーはおもに「メタルジグ」と呼ばれる魚のかたちをした金属製のものに、3本ないし4本のバーブレスフック(カエシの無いフック)をフロントとリアに装着して使用します。メタルジグは重さ60〜120グラムで水深や潮の速さにより使い分けます。色は各色揃えておけば万全ですが、中でも定番はパープル・赤金・ピンク・ブルーといったところです。

メタルジグ フック


メタルジグ

ルアータチウオの釣り方(ジギング)

船長の合図とともに投入します。
タチウオは落下中のメタルジグに食いついてくる場合も多いのでメタルジグが底に着くまでは親指の腹をリールのスプールに軽く当て、道糸の微妙な変化に注目しましょう。一瞬糸がフケたり、引き込みがあったらスプールを指で止めてロッドを立てて合わせます。メタルジグが底まで着いたらアクションを加えながら巻上げを開始します。
基本アクションは一定のペースでハンドルを回しつつ、ロッドを小刻みに上下させる「ショートピッチ・ショートジャーク」です。(ハンドル1回転に1回の上下動が基本)
リールの巻く速さはその日のタチウオの活性によって違うので、いろいろ試してみましょう。
船長の指示ダナの前後を広く探り、アタリが来たらロッドを大きく立てながらリールを巻いて合わせを入れます。巻き上げ中に急に軽くなることもありますが、タチウオが食い上げている可能性も大きいので高速でリーリングして対処します。なるべく一定のテンションで巻き上げるのがコツです。
水面まで巻き上げたら隣の人に十分気をつけて一気にゴボウ抜きするか、ラインを掴んでロッドを横に置き、船内に取り込みます。
また、取り込み間際に水面でバレる事も多く、魚から外れたルアーが顔面目がけて飛んでくる可能性もあるので帽子とサングラスは必需品です。
釣れたタチウオからフックを外す時は、プライヤーなどを使わないと鋭い歯でケガするので必ず持参しましょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲