スポンサードリンク

東京湾夜アナゴの釣り方

東京湾の夜アナゴ釣りは基本的に手持ちの2本竿で交互に小突く釣りですが、慣れないうちはトラブルが多くかえって釣果が悪くなってしまうので、オススメは一本投げて置き竿にしておき、もう一本は手持ちで船下を小突く方法です。

夜アナゴ釣り・エサのつけ方

2,3匹のアオイソメの頭の部分に針を刺し、まとめて針に縫い、タラシを3センチほど垂らしておく方法と、一匹のアオイソメを針に巻きつけながら刺して団子状にする方法があります。
いずれの方法でもマメに新鮮なエサを付け足すか、丸ごと付け替えたほうがアナゴの食いが良い。

東京湾 夜アナゴ釣りの釣り方

置き竿での釣り方はカレイ釣りと同じ要領で、キャストして置き竿にし、5分ほどしたら竿を上げて魚信を聞いてみる。掛かってなかったら数回リールを巻いてまた置き竿にする・・・の繰り返しです。
手持ちの竿は船下に仕掛けをおろし、着底後糸フケを取り小突きに入ります。小突く幅はハリスの長さ分と小さめを心がけ、底を叩くというよりはオモリを持ち上げる感じで小突きます。小突きの間隔は日によってベストがあるのでいろいろ試して見ましょう。
アナゴのアタリはいきなり「ゴツッゴツッ!」と大胆に来ることもあれば、小さく「モゾッ」としか来ない時もあるので常に竿先に神経を集中しておくことが必要です。
アナゴのアタリが来たら大きく合わせを入れます。アナゴの口は意外と硬いので中途半端な合わせは巻上中のバラシに繋がります。
見事船中にアナゴを取り込めたら針を外しますが、ご存知のようにアナゴの表面はヌルヌルしているため掴みにくい上、モタモタしていると仕掛けに巻きついてくるので非常に厄介です。古タオルでアナゴを掴むか、もしくはアナゴの首を強くつまんで針を外しましょう。
外したアナゴはバケツに入れますが、バケツに水をたくさん入れておくとアナゴが逃げてしまうので、水はせいぜい2センチ位にしておきます。(下写真)

釣れた穴子

東京湾の船宿では釣れたアナゴを船長が捌いてくれるので帰宅後は汚れとヌメリを落とすだけでOKです。
中骨も一緒にくれるので骨せんべいにすると美味。

捌いたアナゴ

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲