スポンサードリンク

東京湾イイダコスッテ釣法

東京湾のイイダコ釣りの釣り場は湾奥の各船がねらう盤洲沖(東京湾アクアライン周辺の浅場)と富津地区の船しかねらえない富津沖の2つ。
近年流行のスッテを使ったイイダコ釣りができるのは盤洲のみで、乱獲につながることから富津地区では禁止されています。
従来のテンヤを使った釣り方では、針と針の間からすり抜けてしまうような小型のイイダコもスッテ仕掛けだど掛かりやすく、シーズン初期の超小型が多く混じる時期には特に差が現れます。
スッテを使ったイイダコ釣りは釣果が伸びる反面デメリットもあります。テンヤは針が上を向いているのに対し、スッテは360度針が付いています。そのため、海底のゴミやヒトデが掛かりやすく、当然根掛かりの確率もテンヤに比べて高くなります。
イイダコスッテ

東京湾イイダコスッテ釣法のタックル

イイダコスッテ釣法といっても従来の仕掛け(テンヤにラッキョウを付けた仕掛け)のイイダコ釣りと違うのは仕掛けのみ。テンヤがイカ釣り用のスッテに変わるだけで、ロッドやリールはどちらの釣り方も同じ物でできます。
テンヤ釣り同様、ロッドは穂先の柔らかいものが必須。
柔らかいシロギス竿・テトラ竿・ワカサギ竿などが最適で、長さは1.2〜1.8メートル。硬い竿はイイダコの微妙な乗りがつかみにくいため不向きです。
リールは軽量な小型両軸リールまたは小型スピニングリール。リールに巻いておくラインはPE0.6号〜1.5号。細いほど感度は良いですが、ライントラブルも多いので1号位が無難かもしれません。
テンヤで釣るのもスッテで釣るのも同じタックルを使用するので、途中でテンとスッテを切り替えながら釣ることも容易です。

東京湾イイダコスッテ釣法の仕掛け

イイダコスッテ釣法
スッテ仕掛けは単純な作りで、スッテ・ライン・ナツメオモリ・サルカンがあれば自作することも容易です。使うスッテはマルイカ釣りやヤリイカ釣りに使う5センチ〜7センチのスッテを使います。
様々な色のスッテが発売されていますが、イカほど色による乗りの違いは感じられないので、あまりこだわる必要はあまりありません。仕掛けの作りはスッテにフロロカーボンまたはナイロン2〜3号を15センチほど結び、ナツメオモリ4〜6号を通し、サルカンに結ぶだけ。自作が面倒なかたは市販品もあります。美咲(misaki) イイダコスッテヘビキャロ6 RHW

東京湾イイダコスッテ釣法の釣り方

スッテ仕掛けでの釣り方は基本的にはテンヤ仕掛けの釣りと変わらず、オモリが海底からなるべく離れない程度にわずかに動かしてイイダコの乗りを感知する釣り方です。海底からオモリが大きく離れる小突き方をすると釣れないので、必ず小さめに。
イイダコが乗ると微妙な重みが加わるので、スーッと竿を大きく上げてあわせ、糸をゆるめないように巻き上げます。
スッテの針には返しがないので、あわせが小さいと巻き上げ中にイイダコが外れてしまいますので必ず大きめにあわせを入れることが重要です。
2本竿で釣る場合は、2本とも同じロッド・リール・オモリ号数にした方が乗りを感じやすいです。しかし、2本竿はある程度慣れが必要で、最初は1本竿で集中して釣った方がたくさん釣れることがよくあります。
イイダコ釣りは普通の魚釣りと違いまったく引きがないので、微妙な乗りを察知する集中力が重要になります。1日中集中力を持続できるか否かが釣果に大きく影響します。

東京湾イイダコ釣り乗合い出船船宿

スッテ釣法が可能な盤洲沖(東京湾アクアライン周辺)を狙う船宿です。
一日釣り、半日釣り、他魚種とのリレー釣りなど船宿により出船形態が異なるので好みの釣りができます。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲