スポンサードリンク

東京湾シロギスの釣り方

シロギス釣りに使用するエサは「アオイソメ」と「ジャリメ」が一般的ですが、東京湾ではアオイソメを使用する場合がほとんどです。エサの付け方は、まずアオイソメの頭部をカットし、次に切り口から針先を入れて軸に沿って通し刺しにする。針先は外側に出して、2センチほどエサが垂れるくらいにする。シロギスの喰いの悪いときは垂らしを長くするとアピールになります。また、ヌルヌルしてエサが付けにくいという人は石粉をエサにまぶすと付けやすくなるので試してみましょう。

シロギス釣りの基本は仕掛けを前方にキャストし、ポイントを広く探っていくことです。キャストは危険防止のためアンダースローで行うこと。針が刺さったりするアクシデントを避ける為オーバースローは厳禁です。
キャストが上手くいったら、着底を確認して余分な糸フケを取り、探りを開始します。竿先をやや下に向けた位置からゆっくりと起こし、頭上まで探り、竿先を下げながら糸を巻き取り再び探る。探る速度は活性によって左右されますが、およそ1探り5秒位が目安です。あまり遅すぎるとメゴチなど外道の餌食になってしまいます。広範囲を探り、船下まで仕掛けが来たらその場で数回小突いてから仕掛けを回収します。(シロギスは船下にもいるので)シロギスのアタリがきたら手首をスナップさせ小さく合わせ、リールを巻きます。食いの浅いときは、アタリ後やや送り込んでから軽く乗せる感じで合わせを入れると針掛かりしやすいので試してみましょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲