スポンサードリンク

東京湾イイダコの釣り方

釣り

船下に仕掛けを沈めテンヤ着底後、糸フケを軽く取り小突き(トントンと海底を叩く)を開始します。
小突きはテンヤが海底から浮かない程度に(オモリの部分のみ海底を軽く叩く感じで)行いイイダコを誘います。
2本竿で釣る場合は2本の竿を交互に小突いてみましょう。
小突くペースはおおむね1〜2秒間に1回位ですが、その日の状況にあわせて間隔はいろいろ試してみましょう。

イイダコの乗りは非常に微妙ですので見逃さないように注意が必要です。小突いている竿先に微かな違和感を感じたらそれが乗りの合図なので竿を頭上に持ち上げ、糸を緩めないように巻き上げます。あまり硬い竿を使うとイイダコの乗りが分かりづらいのでなるべく穂先の柔らかい竿がイイダコ釣りに向いています。
テンヤの針にはカエシが無いので止めずに一定速度で巻くことを心がけましょう。
もし微妙な乗りが分からない場合は、10回ほど小突いてから竿を50cmほど聞き上げて乗りを見るのも有効です。

また、船下で釣れない時は仕掛けを投げて広範囲を探ってみるのも効果的な場合があります。

釣れたイイダコはスカリ(網)に入れて脱走を防ぎます。(写真下)

イイダコ釣り

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲