スポンサードリンク

東京湾マコガレイの釣り方

エサのアオイソメを5センチほどにカットして針に2,3匹付けてアピールする。
東京湾のカレイ釣り釣り方はいたって簡単。仕掛けをキャスト、着底したら糸フケを軽く取って置き竿で待ちます。このとき糸は、ややたるませ気味になるように調整する。置き竿にした後は「いじり過ぎず」「待ち過ぎず」、だいたい3〜5分おきに竿をあげて魚信を確かめます。魚信が無ければ弛んだ分だけ巻き取り、再び置き竿で待ちます。それを繰り返し、仕掛けが船下まできたら巻き上げてエサのチェックをしましょう。
東京湾マコガレイ釣りではヒトデが掛かること多いので、あまり待ちすぎるのは厳禁です。
もしエサが無事でも、新鮮なエサに付け替えないと食いが極端に低下してしまいます。また、置き竿の釣りなので最低2本、空いているときは3本以上竿を出した方が圧倒的に有利です。(写真下)

カレイ釣り

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【初心者のための船釣り情報in東京湾】のサイトトップに戻る▲